毎朝30秒の正座でつらい腰痛が治る?動画で方法を解説!

どうも、@NewsBank7です。

中学のときから慢性的な腰痛に悩まされている私ですが、最近ある腰痛改善方法を試しています。その方法というのが「毎朝30秒の正座で腰痛がなおる」といったメソッドです。

この方法は聖和整骨院の金聖一さんがあみだした方法で、毎朝たった30秒だけ正座をすれば一か月でつらい腰痛が改善されるといったものです。病院でもなおらない腰痛でもこの方法を実践すれば改善されるとのことで、今日は正座で腰痛を治す方法についてご紹介したいと思います。

腰痛の原因とは?

腰が痛いかからと言って必ずしも原因が腰にあるわけではありません。正座で腰痛を治す方法をあみだした金聖一さんの長年の経験からいわく、多くの腰痛の本当の原因は「背骨のゆがみ」「足の使い方」「血流の悪さ」にあるということです。

そしてこれら3つの原因を同時に解決してくれるのが正座でして、一日たった30b秒の正座をすることで病院にいっても治らない腰痛が改善されるというのです。

毎朝30秒の正座で腰痛がなおる!

30秒の正座で腰痛がなおるといっても、腰痛が治るための正しい正座をしなくてはいけません。腰痛を治すための正しい正座の方法は以下のように行います。

左右のかかととかかかとをつけて正座をする

だだこれだけです。普通の正座は足の甲と足の甲をクロスさせたりしますが、左右のかかとをひっつけるのがこの正座のポイントです。この正座を一日30秒するだけで正座の原因となる「背骨のゆがみ」「足の使い方」「血流の悪さ」が改善され、つらい腰痛から解消されることができるようです。

文字だけだといまいちやり方がわからないという方は、Youtubeに「かかとひっつけ正座」の動画ありましたのでよければご覧になってみてください。

解答者の写真
腰痛に悩まされているなら毎朝30秒の正座を実践してみよう!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です