大切な傘を何倍も長持ちさせる!傘のお手入れ方法まとめ

どうも、@NewsBank7です。

皆さんは”傘の正しいお手入れ“をご存知でしょうか?

統計的に日本人は1人につき5本の傘を持っていると言われており、傘は消耗品として使っている方も多いのではないでしょうか。

ただしっかりお手入れをしてあげれば、安い傘でも十分に長持ちさせる事が可能なんですよ。そこでここでは傘を少しでも長持ちさせるために、効果的な傘のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

使った後は必ず陰干しを行う

傘を長持ちさせるためには、傘をつかった後に濡れたままの状態にしないことがとても大切である。濡れた状態のままにしていると、傘の骨組み部分が錆ついてしまうからです。

そのため傘を使った後は、雨があがったタイミングで必ず干して乾かすようにしておきましょう。このとき”取っ手を下“にして、”陰干し“をするのがポイントです。

日にあたる場所で干してしまうと傘の色褪せを起こす原因となってしまうので、必ず陰干しで干すようにしましょう!

骨部分をミシン油でお手入れ

傘の骨組み部分をミシン油がついた布で吹いてあげることで、傘の開き具合がよくなりますし、骨組み部分を長持ちさせることができます。

A83_I1

特に先端の骨が集まっている場所や、骨の関節部分をよくお手入れしてあげると効果的ですよ!

シワシワになった傘を復活させる方法

傘はしばらく使っていないと布部分がシワシワになってしまって、開いたときもシワが残って不格好ですよね。

傘についたシワをとるには、まず霧吹きで水をかけ、その後陰干しをすることシワをでピンと伸ばすことができます。しばらく使っていない傘も、たまにはお手入れしてあげましょう!

解答者の写真
一本の傘を大切に使う人って素敵ですよね(^o^)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です