灯油の正しい処分方法・捨て方!ガソスタだといくら?少量の場合は?

寒くなるにつれて、欠かせなくなるのがストーブなどの暖房器具ですよね。そのストーブを使う際に必要になってくるのが灯油です。

ただ冬が過ぎストーブを使わなくなった時など、余った灯油の処分に困った方もいるのではないでしょうか?また何年も前の古い灯油を処分したい方もいるでしょう。

そこで今回は灯油の正しい処分方法についてお話したいと思います。

注意!灯油の間違った処分方法

灯油がいらなくなった、そんなときはどうやって処分すればいいのでしょうか?

まずはよくやりがちな「誤った灯油の処分方法」を記述します。間違った方法で灯油を処分してしまうと、非常に危険ですし法に触れることもあるので注意してください

・古新聞や古い布に吸わせて、燃えるゴミの日に出す

・使い終わったサラダ油の瓶やボトルにいれて、燃えないゴミの日に出す

燃えないゴミとして出せば大丈夫と思う人も多いですが、灯油は強い日光に当たるだけで発火することもあるのでとても危険です、

では正しい灯油の処分方法はどのような捨て方なのでしょうか?

灯油の正しい処分方法!ガソリンスタンドでの引き取り料金は?

ガソリンスタンドでの灯油引き取り料金

灯油の処分方法は非常に簡単!ガソリンスタンドに持っていけばいいのです。

実はほとんどのガソリンスタンドでは、灯油を持っていけば「無料」で引き取って処分をしてくれるサービスを提供してくれています。

ただ中には引き取ってくれないガソリンスタンドもあるので、持って行く前に一度確認してみてからの方がいいでしょう。

また、有料での引き取りのみ行っているガソリンスタンドもありますが、ほとんどが数百円程度で引き取ってくれるようです。

灯油の量が少量の場合はどうすべき?

では、灯油の量が少量の場合はどのように処分すればいいのでしょうか?

少量の場合、ご自宅に庭などがあれば、少し掘った後に流し込み土をかぶせることで処分することができます。臭いも次第に無くなっていき、自然に帰っていきますのでご安心ください。

少量でガソリンスタンドに持っていく程ではない場合は、ご自宅でこの方法を試してみるといいですよ。

灯油の入っていたポリタンクの処分方法は?

touyu-2

灯油の入っていたポリタンクの処分方法ですが、自治体によって処分方法が結構違うようです。

私の住む地域では燃えないゴミ扱いでしたので、綺麗に洗い燃えないゴミの日に出すことができました。

ただ、粗大ゴミとして捨てなくてはいけない地域も多く、その場合は各自治体によって料金や捨て方が異なります。

お住いの市区町村 ポリタンク ゴミ」などでネットで検索すると、該当するページがヒットすると思いますので、お住いの地域で決められたルールに従って処分するようにしてください。

 

以上、灯油の正しい処分方法・捨て方についてでした。灯油を間違った方法で処分してしまうと火事などを起こす危険性もあるので、上記の方法で正しく処分するようにしましょう。

解答者の写真
正しい処分方法で安全に灯油を捨てましょうね!!(^ν^)

トミカタウン ガソリンスタンド(ENEOS)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です