小学校の入学祝いの相場は?甥・姪・孫・友人の場合はいくらあげるべき?

長かった冬も終わりに近づき、3月になるとすっかり気温も春らしくなってきますね。

春と言えば、子どもたちは卒業・入学シーズンとなります。皆さんの親しい人の中にも、進学を控えているお子さんがいる方も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが「入学祝い」についてですよね。いくらぐらいの品物やお金を贈ればいいのか、初めてのことであればわからないことだらけだと思います。

実は私も去年、親戚の子供が小学校に入学したのですが、入学祝いっていくらぐらいの品物を渡せばいいのかいつどのよう渡せばいいのか、かなり頭を悩ませていたのを覚えています(笑)

ここでは同じように入学祝いをどうしようか悩んでいる方に向けて、小学校の入学祝いの相場やいつまでに渡せばいいのかなどなど、入学祝いについて調べたことをまとめてみたので参考にしてください。

そもそも入学祝いって必要?

小学校の入学祝いって必要?

一般的に入学祝いを贈るべき相手というのは、親しい間柄にある人のみで大丈夫と言われています。

よく会社の上司の子供に入学祝いを渡すべきか悩んでいる方がいますが、基本的には職場の同僚や知人にはお祝いをしなくても失礼にあたることはないでしょう。

会社の上司などの関係性であれば、相手ももらえるとも思っていないでしょうし、逆に気を使わせてしまうこともあると思います。

ですが親子共に仲良くしていたり、自分の子供が入学する時にお祝いを頂いた場合などは、会社の上司や友人の子どもにも渡せばいいと思いますよ。

小学校の入学祝いの相場まとめ

甥っ子姪っ子友人の子供が小学校に進学する際に、いくらぐらいの入学祝いを贈ればいいのかその相場をまとめてみました。

  姪っ子・甥っ子 友人の子供
相場 4500円〜10000円 10000円〜 3000円~5000円

 

次にそれぞれの詳細や注意点をご紹介したいと思います。

甥っ子・姪っ子の小学校の入学祝いの相場と注意点

甥っ子・姪っ子に渡す金額の相場は5000円前後が相場だと言われています。

ただもしあなた(祝い金を贈る側)が40代以上であれば、もう少し多めの5000円~10000円くらいがいいでしょう。

もし何をあげたらいいのか全然わからない場合は、親御さんに何が必要か聞いてみるのもいいかもしれません。どうせあげるなら喜んでもらいたいですしね。

孫への小学校の入学祝いの相場と注意点

お孫さんが小学校に入学する場合の相場は、10000円前後と言われています。

中学生以上になると相場相当の図書券などを本人に渡してもいいかもしれませんが、小学校の入学となるといろいろと準備するものが多いので実用的なプレゼントの方がいいでしょう。

よく孫が小学校に入学する時に、入学祝いとして勉強机やランドセルを買ってあげるおじいちゃんおばあちゃんがいると思います。

高い買い物なので子供も親もとても喜んでくれると思いますが、すでに準備してあったり、好みが分かれる物なのでその点注意した方がいいかもしれません。

そのためもしそういった勉強机やランドセルなどをプレゼントに考えているなら、早めにその子の親に相談してみた方だいいですよ。

友人の子どもの入学祝いの相場と注意点

親しい友人の子どもに小学校の入学祝いを贈るなら、3000円〜5000円程度が相場です。

現金で渡すより、本や辞書や文房具など実用的で、もらって困らないような“気軽な物”がいいでしょう。

あまり気を使わせてしまうのもアレなので、気軽な物というとこがポイントです!

入学祝いを贈る時期と方法

入学祝いは入学式の1ヶ月前くらいには渡すのがマナーだと言われています。遅くても1週間前までには渡すようにしましょう。

年に数回しか会わないからと言って、お正月などに直接会って渡すよりは入学式前にちゃんと渡した方がいいでしょう。

しかしどうしても入学式までに渡せない場は、入学式前までに渡すのが一般的ですよというレベルなので、直接会ったときにしっかりお祝いの気持ちと一緒に渡してあげたらきっと喜んでくれるはずです。

ちなみに入学式後であれば一通り必要な物は揃っていると思うので、お祝い品を贈るのであれば文房具などより「現金」や「図書カード」などの方が良いと思いますよ。

図書カード<ピーターラビット(お出かけ)5000円券>【RCP】

 

入学祝いを包む場合は、紅白の蝶結びの水引を使います。

最初から「お祝い」と書いてあるものを選べばいいですが、書いてない場合は「御入学御祝」と自分で書いて渡しましょう。

小学校の入学祝い

私が実際に贈った小学校の入学祝いがこれ!

相手にお返しをしなくてもいいように、あまり高価なものではなく、気軽に使えるプレゼントも喜ばれると思います。

やっぱりおすすめは文房具でしょう。消耗品なのでいくつあっても困る物ではないですし、選びやすいってのも良いですよね。

だだ私の子供をみていても、筆箱は本人の好みで選びたいものでしょうから、鉛筆などの消耗品がオススメです!

ちなみに私は甥っ子が小学校にあがるとき、入学祝いとして「名入れ鉛筆」を贈りました。

【送料無料】国産2B無地名入れ鉛筆1ダース

小学1年生の場合2Bの鉛筆を用意するよう言われますので、できれば2Bを選んであげるといいですよ。

ちなみに消しゴムをセットでプレゼントするのとも悩んだのですが、消しゴムは学校により規定がある場合が多いのでやめておきました。

もし消しゴムを贈るのであれば、キャラクター物や匂い付きのものでなく、白くてシンプルなもののほうが先々まで使えて助かると思いますよ!

最後に

お子さんにとって初めての学校生活への第一歩を、入学祝いという形でお手伝いできる事は嬉しいことですね。

私も小さかった頃におじいちゃんおばあちゃんに勉強机を買ってもらって、飛ぶように喜んでいたのを今でも覚えています(笑)

小学校にあがるということは子供にとっても、その親御さんにとっても、待ちに待った一大イベントなはずです。

入学祝いの相場を意識することも大事ですが、お祝い事なので金額以上に気持ちを込めてお祝いしてあげたいものですね(^ν^)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です