書けなくなった油性ペンが復活する魔法の裏技!家にある物で完全復活だ!

買ったばかりなのに書けない、インクが残っているはずなのに書けない、誰もが書けなくなった油性ペンでイライラしたことはあるはず。

あなたの筆箱や机の中にも、一本ぐらい書けなくなった油性ペンが入っているのではないでしょうか?

私も目の前のペン立てを確認してみたところ、2本の書けないマッキーが眠っておりました・・・。

そこで今日は「書けなくなった油性ペンを復活させる方法」をご紹介したいと思います。

油性ペンが書けなくなる原因は?

そもそも油性ペンは「インク」と「溶剤」という成分でできており、溶剤がインクを溶かしペン先からインクが出ることで書ける仕組みになっています。

そして油性ペンが書けなくなってしまう原因というのはキャップの閉め忘れや、キャップをなくしてしまうなど色々あるのですが、結局はこの溶剤が蒸発してしまうことで書けなくなっているのです。

インクをペン先から出すには溶剤が必要なので、溶剤が蒸発してしまうと例えインクが残っていても書けなくなってしまうというわけですね。

除光液で書けなくなった油性ペンが復活!

油性ペンが書けなくなった原因が溶剤の蒸発にあるなら、ある物を使ってこの溶剤を復活させてあげればいいのです!

準備する物は以下の物です

<準備するもの>

除光液

書けなくなった油性ペンを除光液で復活

書けない油性ペン

書けない油性ペン

溶剤の代わりのなるある物とは、女性がマニュキュアを落とすときなどに使う除光液です。

実はこの除光液の成分は、油性ペンで使われている溶剤と同じ役割を持っています。

実際に書けなくなった油性ペンを復活させる手順がこちら

油性ペンのキャップの半分ぐらいに除光液を入れる

その状態でキャップをしめて、約10分間放置する

以上の手順で、書けなくなった油性ペンが魔法のように復活します!

ちなみにキャップをなくしている油性ペンの場合は、ペットボトルのキャップに除光液を入れて油性ペンのペン先をつけた状態で10分までばOKです。

ただこの方法はあくまでインクが残っている場合のみに使える裏技なので、インクが残っていない場合はインクを補充しない限り書けませんのでご注意くださいね。

一時的ではなく効果は絶大!

一時的に書けるようになるだけでは、完全復活とは言えないでしょう。

しかし、この除光液を使った裏技を試した結果、全く書けなかった油性ペンが一時的どころかその後ずっと書けるまでに復活したのです。

まさに完全復活!!

ぜひ皆さんもこの裏技を使って、書けなくなった油性ペンを復活させてみてくださいね。

最後に

個人的に油性ペンってあまり使う機会がないのですが、いざ使おうとすると書けなくなっているってことが多いです(笑)

机の中にも書けなくなっていた油性ペンがゴロゴロと・・・w

皆さんもぜひ家中に眠っている書けなくなった油性ペンを、除光液を使って復活させてあげてください!

参考になれば幸いです( ´ ▽ ` )ノ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です