エイプリルフールの意味・由来・起源は?「嘘の新年」説や「キリスト命日」説など!

毎年4月1日といえばエイプリルフールですね!人を喜ばせるサプライズが好きな方や、イタズラ好きな方なんかは、エイプリルフールという日も好きなのではないでしょうか?ではそんなエイプリルフールの意味や由来・期限を知っているでしょうか?

エイプリルフールとは?意味は?

エイプリルフールは皆さん知っていると思いますが、世界中で毎年4月1日は嘘をついてもいい、という日の事です。日本語で直訳するならば「4月馬鹿」となります。英語ではApril Fool`s Dayといい、April Foolとは4月1日に騙された人を意味するようです。

ちなみにエイプリルフールで嘘をついてもいいのは、4月1日の午前中までというのがエイプリルフールのルールだと言われています。他にもエイプリルフールのルールがあり、詳しくはこちらの記事を読んでみてください!

[blogcard url=”https://hackbank.net/aprilfool-rule”]

エイプリルフールの由来・起源は?

実はこれだけ世界中で知られているエイプリルフールというイベンドですが、実はその起源というのは詳しくはまだわかっていないようです。つまり、いつどこで、この習慣が始まったのかわかっていないということです。不思議ですねーー。

いくつか諸説はあるのですが、ですがどれも確証できるほどの情報でないため仮説止まりとまっています。

有効な諸説としてはフランスの「嘘の嘘の新年」説、「馬鹿な魚の大量祝い」説、「ニシンでからかう」説、「キリストの命日」説、「ノアの箱舟」説、「インドの修業僧」説などがあります。

では、それぞれの説を見ていきましょう!

「嘘の新年」説とは?

エイプリールフールの起源「嘘の新年」説

昔フランスでは3月25日を新年として、4月1日までを新年のお祭りとして祝い事をしていました。しかし、当時のフランスの王で会ったシャルル9世が1月1日を新年としてしまい、それに怒った市民達は4月1日を「嘘の新年」としてお祭り騒ぎを起こしました。

そんな市民の反感にルイ9世は怒ってしまい、市民達を処刑してしまうといった暴挙を起こしたのです。残虐で知られているルイ9世はその時に13歳の少女まで処刑してしまい、市民達を隠しきれないショックと怒りを覚えてしまいます。

それからフランスではその悲しい出来事を忘れないために、4月1日に「嘘の新年」として盛大に祝うのが決まりとなりました。これがエイプリルフールの起源の一つと言われております。

また、 ルイ9世に処刑された13歳の少女を哀悼するために、13年ごとに4月1日を「嘘の嘘の新年」として、その日は全く嘘をついてはいけない日としたという話もあるようです。

「馬鹿な魚の大量」説

エイプリールフールの起源「馬鹿な魚」説

フランスではエイプリルフールの日である4月1日を「ポワソンダブリン」と呼びます。その昔、フランスではその日だけ、サバがありえないぐらい大量に漁れることが多かったようです。

あまりに釣られてしまうサバをそこから「馬鹿な魚」と呼び、4月1日は大量に釣れた祝い事として嘘をついて盛り上がっていたようです。これがエイプリルフールの起源の一つと言われている、「馬鹿な魚の大量祝い」説です。

「ニシンでからかった」説

エイプリールフールの起源諸説

同じくフランスを舞台とした諸説です。当時、フランスでは4月1日を漁師さんたちが涼に出られる最終日として定めていました。

そしてその4月1日に、「何も釣れずに帰ってきた漁師さんに対して、投げたニシンを釣らせてからかう」のがお決まりだったようです。そこからフランスでは、子供達が紙で作った魚の絵を背中に貼ってからかうというのが、4月1日の定番になっていったようです。

こういった背景がエイプリルフールの起源とも言われています。

インド修行僧の揶揄説

エイプリールフールの起源「インドの修行僧」説

インドのとある寺院では、春分の日から3月末までお坊さんが悟りをひらくための修行する機関としていました。悟りをひらくための修行は3月末までなので、4月1日からは修行を離れ日常に戻ることになります。

せっかく悟りをひらくための修行をしてきたのに、4月1日に日常に戻ってしまい修行が無駄になってしまうと揶揄されていました。そこから「4月1日は無駄なことをさせてからかう日」となり、エイプリルフールとして広まったというのが諸説の1つになります。

「キリストの命日」説

クリスマスはキリストの生誕祭として有名ですが、実は4月1日はキリストの命日ではないかという説があります。

キリストがユダに裏切られたことを忘れないために、4月1日を特別な日として、それが現代のエイプリールフールとして広まったという説がこちらになります。

「ノアの方舟」説

エイプリールフールの起源「ノアの方舟」説

ノアの方舟はキリストの旧約聖書に登場し、世界を滅亡させるほどの大洪水から陸地を見つけるために作られた船と言われています。

旧約聖書の中でそんなノアの方舟から陸地を見つけるために鳩を飛ばして放つのですが、結局陸を見つけることができずに帰ってきてしまいます。

そしてこの鳩が戻ってきたのが4月1日だったことから、4月1日は無駄なことをしていい日として、エイプリルフールが広まったという説になります。

エイプリールフールの起源に関する2CHのコピペを紹介!

エイプリールフールの起源について2ちゃんねるで有名なコピペがあるのでご紹介します。

ちょっと前なんだけど女性二人連れ。

「エイプリルフールってなんで嘘ついていい日か知ってる?」
「知らない」
「ギルドってわかるかな?18世紀くらいのヨーロッパの商人の組合みたいなの」
「聞いたことはある」
「うん、商売やってるから勿論帳簿とかつけるわけね。 ところが計算合わないこともあるわけ。昔のことだしね。 で、年に1回、その帳尻合わなくてもしょうがないって リセットする日をつくったの。それが4月1日」
「へー」
「で、帳簿をごまかしてもバレない日、みたいになって 拡大解釈されて、今の嘘ついてもいい日、てことになったの」
「そうなんだ」
「いや、嘘なんだけどね」
「殴るよ」

エイプリルフールのその日でした。

とても真面目な内容で、ありそうなので信じてしまいがちですが、実際この話は本当なんでしょうかね?それともネタなんでしょうか?何事も、エイプリルフールに言われちゃうと本当っぽくてもウソだったり、本当の事を言っても「嘘でしょ?」と信じてもらえなかったり、訳がわからなくなっちゃいますよね。どの起源自体も嘘に聞こえてくるものです笑。

解答者の写真
是非、人の不幸や死などマイナスな事ではなく人を楽しませる嘘がついてみよう。

嘘発見器 エレクトリック ショック

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です