十三参りって何するの?正しい方法や男の子・女の子の服装は?

あまり聞きなれない十三参りってご存じですか?七五三のお祝いの次に訪れる、知恵を授けてもらうお祝いなのです。着物文化にも触れられる日本独自の文化です。もうすぐ13歳のお子様がいる方は一度読んでみてくださいね。

十三参りって何?

13参りとは男女とも数え年で13歳の年におこなうお祝い事です。小学校を卒業して中学校に入る春に寺社にお参りする形式が一般的と言われています。 京都の虚空蔵法輪寺における虚空蔵菩薩への「十三参り」が有名で、知恵と福徳を司る菩薩にちなみ、知恵参りまたは知恵もらいという事もあります。 全国的にみても七五三程一般的ではないですが、関西の一部では、七五三よりも十三参りの方が盛んな地域もあるようです。

十三参りはいつ?関西・関東で十三参りが可能なお寺は?

十三参りの期間は、3月31日~5月13日の期間にお参りするのが一般的です。

十三参りの盛んな地域のなかでも京都の嵐山の法輪寺、大阪の大平寺、奈良の弘仁寺が有名どころですね。

関東では村松山虚空蔵堂がある茨城県那珂郡東海村を含む茨城県北部で盛んな程度でしたが、近年他の地域徐々に広まりつつあり、浅草寺では3~5月に十三参りの参拝客が見られるようになりました。

十三参りでは具体的に何をするの?正しい参拝方法は?

まず、大人サイズの晴れ着を準備します。もちろん大きすぎるので肩上げをしてあげましょう。この時期にそろえた着物を事あるごとに着せて、着物を体になじませ、それと同時に立ち居振る舞いを身に着けさせる第一歩でもあります。

寺社には、半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆で書き、お供えします。そしてご祈祷をして頂き、最後にお守り・お供物を頂いて、親に感謝を述べます。

参拝の帰り道も重要です。本堂を出た後、後ろを振り返ってはいけません。せっかく授かった知恵を返さなければいけないという伝承があるからです。ですから、狭く長い石段を降りきって鳥居をくぐるまでは、周囲の誘惑に負けずただ前をむき歩き続けなくてはいけません。これは是非お参り前に子供によく言って聞かせておきましょう!

十三参りの男の子・女の子の服装は?

男の子の場合は、着物を着ることはあまりないそうです。もし着る場合には紋付袴です。最近の子は大抵洋装のスーツのようですね。学校の制服を着る子も多いようですよ。

女の子の場合は圧倒的に着物が多いですね。お母さんが成人式に着た(買った)着物を着せる家庭もあるようです。振袖、以外にも小紋、付け下げ、訪問着でも大丈夫です。また女の子も男の子と同様、最近は着物以外でも学校の制服やワンピースなどの洋装で参拝する子もいるようです。

十三参りの服装はレンタルできる?値段は?

今後あまり着せる予定がない場合やとりあえず今だけ、と考えている方は、十三参りの服装はレンタルでいいかもしれないですね。調べてみるとネット上でもレンタルすることができるようです!

たとえばこちらの商品!


【ジュニア着物】 定番の黒紋付-★往復送料無料★

男の子用紋付袴のレンタルがなんと2万円しません!

そしてこちらの商品!


【ジュニア 着物】〔13まいり〕★往復送料無料★

女の子用着物が1万6千円です!

購入しようと思うとかなり高くついちゃいますので、安く済ませたい方なんかはレンタルで十分ではないでしょうか?

解答者の写真
是非十三参りというステキな習慣を受け継いでいって欲しいですね!

決定版 きものの着付けと帯結び

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です